富田林市の車検ならアップル車検南大阪

アップル車検南大阪からのお知らせやお客様の声をご紹介

車検の予約

最新情報

2018-05-03(木)

BMW3シリーズの整備

ブレーキパッド警告灯が点灯していたのでリヤブレーキ廻りの整備依頼を承りました。







国産車とちがいブレーキパッド・パッドセンサー交換時はディスクローターも同時交換をおすすめしてます!

何故、ディスクローターも交換しないといけないのか?

ここでざっくりとですがご説明します。


欧州車、ことさらドイツ車の性能は高級車であれコンパクトモデルであれ、同じクラスの国産車に比べると非常に優れた高速安定性とブレーキ(制動)性能を感じます。

その理由としては、皆さんご存知のように“使用する速度域が欧州の方が高い”という事実がまず挙げられるでしょう。

ドイツの高速道路アウトバーンは、速度規制区間が増えたとはいえ、2018年現在でも速度制限のない区間があり、200km/hでの巡行が日常的な速度域となっています。そのため、その速度域からのブレーキ性能は必須になります。

欧州車のホイールを見ると、黒いダストが付着しているのを見かけませんか?この汚れはなかなか落ちません。というのも、欧州車のブレーキパッドはローターに対して攻撃性が高く、ディスクローターを削りながら制動力を発揮させています。

つまり、国産車以上に、ブレーキディスクが消耗品という観点で設計されているとも言えるのです。そうなれば、ブレーキはパッドのみらずディスクローターの交換サイクルも早くなるというわけです。


交換後はスキャンツールにてリセット作業もキッチリさせていただきました!

ありがとうございました!